住宅ローン

ローンの金利「固定金利」と「変動金利」どっちがいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ローンの金利「固定金利」と「変動金利」どっちがいい?

人生には、いろいろお金のかかるイベントがあります。
その中でも最大の出費が住宅購入です。

ごく一部の人を除いて大半の住宅購入者は住宅ローンを利用します。
住宅ローンを決めるときに、どの銀行で金利をどうするのか悩むと思います。

この記事では、金利選びで悩まないために返済例を比較して「変動金利か固定金利の選び方」について説明します。

 

変動金利と固定金利の違い

 

変動金利と固定金利の違い

①変動金利

 

ローン期間中は半年ごとに金利が見直されます。

返済額自体は『5年間は返済額が変わらない』という「5年ルール」があります。
5年後に、どんなに金利が上昇していても『返済額は1.25倍しか上がらない』という「125%ルール」があります。

急激に返済金額が増えないようにする救済策ですが、元金と金利の内訳を変えて返済額を調整するため、金利上昇が激しい場合は元金の減りが少なくなります。

変動金利は、一般的に短期プライムレートに連動して金利が決まります。
短期プライムレートは市場金利(無担保コール翌日物)に連動して決まります。
※短期プライムレート
銀行が最優良の企業(業績が良い、財務状況が良いなど)に貸し出す際の最優遇貸出金利(プライムレート)のうち、1年以内の短期貸出の金利。

②固定金利

設定された金利・返済額がローンを一定期間固定され、市中金利の動向には全く影響を受けません。

金利が固定される期間で「全期間固定型」と「固定期間選択型」があります。
「固定期間選択型」は固定期間終了後、プランの更新があります。
プランの更新時に、変動金利に切り替えるか、もう一度固定金利で借りるか選択します。

固定期間選択型はや全期間固定は円金利スワップレートや10年物国債金利の影響を受けます。

 

変動金利と固定金利のメリット・デメリット

変動金利と固定金利のメリット・デメリット

 

①変動金利のメリット

・固定金利よりも金利が低い
・金利が上昇しなければ、ずっと低金利を享受できる

②変動金利のデメリット

・金利が上昇するリスクがある
・金利が上昇すれば返済額する

③固定金利のメリット

・金利上昇リスクはない
・返済額が変わらないので計画が立てやすい

④固定金利のデメリット

・変動金利より金利が高い
・低金利が続けば、変動金利より返済額が多くなる

変動金利と固定金利、返済例で比較してみる

将来、金利がどうなるかは誰にも分からないので、返済例は無限にあるのですが、分かりやすくするため、①金利が変わらない ②5年ごとに0.5%上昇 ③5年ごとに1%上昇 ④5年ごとに0.7%上昇・固定金利との差額は10年目に繰り上げ返済 この4パターンで4,000万円借りた場合の総返済額を試算してみます。

金利は2019年1月の適用金利を採用します。
A変動金利:住信SBIネット銀行 0.457%(通期引き下げ 年-2.318%)
B固定金利:ARUHIフラット35 1.33%(団信あり・融資比率9割以下)

総返済額の比較

①金利が変わらない
A:43,291,500円
B:50,051,400円

②5年ごとに0.5%上昇
A:50,763,216円
B:50,051,400円

③5年ごとに1%上昇
A:59,354,667円
B:50,051,400円

④5年ごとに0.7%上昇・固定金利との差額は10年目に繰り上げ返済
A:51,128,783円(11年目に140万円繰り上げ返済・返済期間を1年短縮)
B:50,051,400円

 

過去の金利推移

過去の住宅ローン金利推移

出典:住宅金融支援機構

4パターンの試算をしましたが、これからどのくらい金利が変動するかは誰にも分かりません。

バブル崩壊後は、低金利の状態が続いていますが、バブル期には郵便局の郵便局の定額貯金の金利8%だったこともあります。

定額貯金の金利8%は10年で預けたお金が倍になるイメージです。

預貯金の金利が高いということはローン金利も高いということです。
住宅ローンの金利が8%超の時期もありました。

一般的に、景気回復→金利上昇→景気後退→金利低下→景気回復を繰り返します。
景気と中央銀行の金融政策で金利は変動します。

バブル期のような事態が起きる可能性は低いですが、過去の金利の推移と経済動向を見ながら、どのくらい金利が上がるか予測をするしかないのです。

 

変動金利と固定金利、どちらを選ぶかは損得で決めてはならない

家とローン

ファイナンシャルプランナーは固定金利を勧める傾向があり、住宅メーカーや不動産会社は変動金利を勧める傾向があります。

理由はどっちも説明が楽だから。

ファイナンシャルプランナーは月々の支払額が決まっていたほうが確定的なことが言えるうえに、金利が上がった想定などはしなくてもいいので、資料作成が格段に楽になります。

住宅を売る側は、変動金利を利用する人が多いので変動金利で計算します。
住宅を売ることが仕事なので、ローンの試算は一例を教えてくれるだけです。

どちらを選ぶかは、今後の家計や収支計画によって選ぶのがいいと思います。

変動金利選択にむいている人
・「繰り上げ返済で早期完済を考えている人」
・「毎月の支払額を抑えて貯蓄にまわす人」
・「貯蓄や返済比率に余裕があり金利が上がっても支払に困らない人」

固定金利選択にむいている人
・「とにかく金利上昇が心配な人」
・「返済額を固定したい人」
・「収入が上がる見込みがない人」

最終的にどっちが得だったかは返済が終わるまで分からないのですから、損得で金利プランを選ぶことはできません。


現状のライフプランにと自分の性格に合っている方を選んで、無理のない返済計画を立ててください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*