住宅ローン

2019年8月の住宅ローンの金利、フラット35金利は3カ月連続で低下

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
住宅ローン金利

 

2019年8月の住宅ローンの金利公表

2019年8月の住宅ローンの金利は、固定金利は概ね横ばい状態、変動金利については、変わらず横ばいとなりました。
フラット35の金利は0.1%下がり、3か月連続で低下となりました。

2019年8月 銀行の住宅ローン金利一覧

銀行名変動金利3年固定10年固定20年固定
三菱UFJ銀行0.5250.3900.590
みずほ銀行0.5250.5500.6001.100
三井住友銀行0.5000.7751.0001.590
りそな銀行0.4700.9951.1952.195
三井住友信託銀行0.4450.5000.6001.000
横浜銀行0.4700.4950.6451.250
ソニー銀行0.4570.7500.9801.342
新生銀行0.4500.8000.8000.950
東京スター銀行0.4500.7500.850
イオン銀行0.5200.4300.690
住信SBIネット銀行0.4471.2501.0602.520
楽天銀行0.5270.8020.947
じぶん銀行0.4571.4201.5401.800

※金利は毎月見直されます。申込時ではなく、借入時の金利が適用されます。
※上記金利は金利引き下げ後の金利です。金利の引下げ幅は、審査結果等により決定します。

2019年8月 フラット35の金利

銀行名15~20年21~35年
ARUHI1.1101.170
住信SBIネット銀行1.1101.170
楽天銀行1.1101.170
イオン銀行1.1101.170

※融資比率90%以下、機構団信加入

日銀の黒田総裁は、経済・物価の動向について「海外経済を中心に下振れリスクが大きい」と指摘し、「先行き、物価安定の目標に向けたモメンタム(勢い)が損なわれるおそれが高まる場合には、ちゅうちょなく、追加的な金融緩和措置を講じる」と述べています。



アメリカのFRBは、7/30~31のFOMCで、フェデラルファンド金利の誘導目標を2.00-2.25%に25bp引き下げることを決定しています。

世界的な利下げ傾向で、日本の住宅ローンもしばらくは低金利が続きそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*